• 山口市について/yamaguchi city
  • 山口市へのアクセス/access

観光便利情報

  • 観光案内所紹介
  • 市内の交通
明治維新と山口市/明治維新策源地・山口市、1868年(慶応4年・明治元年)から数えて、
2018年(平成30年)は150年の節目にあたります。(洞春寺)
  • トップページ
  • イベントの紹介
  • 維新関連史跡紹介
  • 維新関連人物紹介
  • 維新関連地図

維新関連史跡紹介

山口市内の明治維新関連の史跡をご紹介いたします。

木戸神社 (きどじんじゃ)

ライン

木戸孝允の霊を祀る神社

ライン

木戸孝允は亡くなる前に自邸と山林を子弟の学資にと村民に与えました。これに感謝した地区の人々により邸宅跡に建立された神社です。

googlemap
木戸神社

普門寺 (ふもんじ)

ライン

当時は普門寺塾とも呼ばれました

ライン

鴻の峯の麓に建つお寺。江戸末期、この寺の観音堂で、大村益次郎は幕府軍を迎え撃つため長州藩士に西洋式軍隊の士官養成をしていました。

googlemap
普門寺社

旧山口藩庁門 (きゅうやまぐちはんちょうもん)

ライン

県庁の敷地内に建つ、山口藩庁の正門

ライン

県指定有形文化財
長州藩主毛利敬親は、幕末の有事に備え現山口県庁の地に政事堂建設を着工。この門は政事堂の門として建造され、山口藩庁門として使用していたものです。

googlemap
旧山口藩庁門

洞春寺 (とうしゅんじ)

ライン

分霊が洞春寺に祀られました

ライン

国指定重要文化財(山門・観音堂)
明治政府の参与、外務、大蔵などの大臣を歴任し、実業界にも尽力した、井上馨の墓があります。東京麻布の長谷寺にある墓の分骨を葬った分け墓です。

googlemap
洞春寺

香山墓所 (こうざんぼしょ)

ライン

山口市にある長州藩の藩主の墓地

ライン

国指定史跡
毛利本家の墓所で、幕末から明治初年にかけての藩主、毛利敬親が居城を萩から山口に移して以降の墓地として使用するために造成されたもの。敬親もここに眠っています。

googlemap
香山墓所

枕流亭 (ちんりゅうてい)

ライン

西郷隆盛らと密議が行われました

ライン

一の坂川の安部橋近くにあった、山口の旧家・安部家の離れ。西郷隆盛、大久保利通らが訪れ、木戸孝允らと薩長連合の密議が行なわれていたと伝えられています。

googlemap
枕流亭

露山堂 (ろざんどう)

ライン

敬親が家来らと討幕の密議を行った茶室

ライン

毛利敬親が藩庁を山口に移した際、現県庁内の一露山の麓に建てられた茶室。敬親が茶事にことよせ、家来らと討幕の密議をこらした建物です。明治24年現在地に移築。

googlemap
露山堂

錦の御旗製作所跡 (にしきのみはたせいさくしょあと)

ライン

錦の御旗を製作したといわれる場所

ライン

鳥羽伏見の戦いで薩長軍の陣頭に立てられた錦の御旗を製作したといわれる場所です。当時この一の坂川河畔に養蚕所があり、その2階で製作されたといわれています。

googlemap
錦の御旗製作所跡

豊栄神社 (とよさかじんじゃ)

ライン

毛利元就を祀る神社

ライン

毛利氏の祖、元就を祭神とする神社。萩城内にあったものを、明治2年(1869)に山口に移したものです。この年、朝廷より元就の神霊に豊栄の神号を賜りました。

googlemap
豊栄神社

野田神社 (のだじんじゃ)

ライン

毛利敬親を祭神とし、元徳を配祀神に

ライン

毛利敬親の諡号より忠正神社と称したのに始まる神社。その後鎮座地名からとった現在の野田神社に改称し、明治19年(1886)に現在地に遷座しました。

googlemap
野田神社

十朋亭 (じっぽうてい)

ライン

多くの志士が訪れ、時に宿泊した「離れ座敷」

ライン

代々醤油製造を業とする萬代家の離れ。萬代家は藩の役人たちの宿泊所となり、桂小五郎、高杉晋作、久坂玄瑞ら、多くの維新の志士の来客があったと伝えられています。
(10:00〜17:00 火曜休館)
※平成30年10月頃まで公開中止

googlemap
十朋亭

法界寺 (ほうかいじ)

ライン

吉田松陰の死後、松下村塾を支えた中谷正亮

ライン

吉田松陰とともに勤王運動に尽くした中谷正亮の墓がある寺。正亮は松陰の死後、松下村塾を主となって運営した人物。東京世田谷の松陰神社にある墓の分け墓です。

googlemap
法界寺

山口明倫館兵学寮跡 (やまぐちめいりんかんへいがくりょうあと)

ライン

大村益次郎も指導しました

ライン

藩士上田鳳陽は時代の進展を見て、後の山口明倫館となる山口講堂を創立しました。この地には歩兵・騎馬・砲兵の三兵塾からなる兵学寮がありました。

googlemap
山口明倫館兵学寮跡

来島又兵衛の碑 (きじままたべえのひ)

ライン

豪勇、来島又兵衛の顕彰碑

ライン

高杉晋作が奇兵隊を創設すると、又兵衛は遊撃隊を組織し互いに連携して国事にあたりました。亀山にあるこの碑は毛利元昭篆額、井上馨撰文、野村素介書。

googlemap
来島又兵衛の碑

亀山公園 (かめやまこうえん)

ライン

途中で断念した長山城跡を整備し、公園に

ライン

明治33年(1900)亀山の頂上を公園化し、毛利敬親らの銅像6基が建てられました。銅像は太平洋戦争中に金属回収のため供出。現在の敬親像は戦後再建されたものです。

googlemap
亀山公園

長寿寺 (ちょうじゅじ)

ライン

駒井政五郎が本部を置いた寺

ライン

高杉晋作の功山寺決起に呼応して、慶応元年(1865)正月、御楯隊の駒井政五郎が鴻城軍を組織し、本部を置いたのが、ここ長寿寺です。

googlemap
長寿寺

山口市菜香亭 (やまぐちしさいこうてい)

ライン

近代日本の歴史を物語る貴重な建物です

ライン

明治10年頃創業の料亭菜香亭を移築復元したもので、初代齊藤幸兵衛が藩主と共に山口に移り開業いたしました。大広間には伊藤博文・木戸孝允・井上馨・山縣有朋・山田顕義・三条実美・杉孫七郎・大鳥圭介等幕末から明治にかけて活躍した人々の書を展示しています。
(有料 火曜休館)

googlemap
山口市菜香亭

七卿の碑(井上公園) (しちきょうのひ)

ライン

京都から追放された公卿が滞留した場所

ライン

文久3年(1863)の政変により、御所への出入りを禁じられた七卿は、長州に落ちのびました。大正15年(1926)七卿落ち60年を記念してこの碑が建てられました。

googlemap
七卿の碑(井上公園)

周布政之助の碑(周布公園) (すふまさのすけのひ)

ライン

長州藩の重臣、藩政に尽くしました

ライン

政之助は毛利藩の重臣。幕府の長州征伐にあたり藩内の紛争を防ぐため尽力しました。元治元年(1864)、蛤御門の変の責任をとって自刃。自刃した場所の近くに建つ功績を讃える碑。

googlemap
周布政之助の碑(周布公園)
  • 山口市ゆかりの偉人・維新関連人物をご紹介します!
  • 維新関連史跡をご紹介します!
  • 維新関連史跡を地図から探そう!
  • 萩往還サイト
  • 山口史蹟図(PDF)
ページの先頭へ

文字サイズの変更について広告募集についてプライバシーポリシーサイトマップ

一般財団法人山口観光コンベンション協会

753-0042 山口市惣太夫町2番1号JR山口駅2階 TEL083-933-0088 FAX083-933-0089

秋穂支部徳地支部阿東支部

Copyright © 山口市経済産業部観光課 All Rights Reserved.