観光スポット検索

エリア

カテゴリー

キーワード

  • 山口市について/yamaguchi city
  • 山口市へのアクセス/access
  • おすすめ観光スポット/recommendation

観光便利情報

  • 観光案内所紹介
  • 無料観光ガイド紹介
  • 観光パンフレット請求
  • 観光写真ダウンロード
  • 市内の交通
  • リンク集
国宝瑠璃光寺五重塔
山口市について

山口市は山口県のほぼ中央に位置し、豊かな自然や歴史が共存する文化都市です。
室町時代に大内弘世がここ山口市を大内氏の本拠としたことで発展し、
その後の大内義興・義隆の頃には西国一の大名として栄華を極めました。
また幕末には萩市から山口市に藩庁が移され、明治維新の中心的役割を果たします。
維新の志士や文化人も入浴した「湯田温泉」。穏やかな瀬戸内海、癒しの森。
山口市には歴史遺産や自然が数多く残り、観光都市としての発展も期待されています。

山口市ってどんな街?
国宝瑠璃光寺五重塔

日本三名塔の一つ、国宝 瑠璃光寺五重塔がある街

ライン・イメージ

日本三名塔といえば山口市にある瑠璃光寺五重塔、そして奈良県の法隆寺、 京都府の醍醐寺の塔になります。瑠璃光寺五重塔は室町中期における 最も秀でた建造物と評され、『西の京』と謳われた 山口市のシンボルとして大内文化を優雅に伝え続けています。

明治維新策源地・山口市

明治維新策源地・山口市

ライン・イメージ

幕末、藩庁が萩から山口市に移転したため、
山口市には明治維新ゆかりの史跡が多くあります。
そして、明治維新150年(2018年・平成30年)に向け、
さまざまなイベントが開催されます!

湯田温泉イメージ

山陽路随一の湯量を誇る湯田温泉がある街

ライン・イメージ

山口市の中心部には「美肌の湯」とも呼ばれている湯田温泉があり、 気軽に楽しめる足湯も6ヶ所用意されています。
また北は島根県との県境にある名湯から、南は瀬戸内海を一望できる 露天風呂まで、日帰り温泉も含め、温泉地が8つもあります。

SL「やまぐち」号

蒸気機関車、SL「やまぐち」号が走る街

ライン・イメージ

1979年、SL復活を望む沿線の自治体をはじめSLファンなどによる活動が実り、 復活を果たしたSL「やまぐち」号(「貴婦人」の愛称で親しまれる「C571」)。
1995年までのご利用者は100万人にのぼり、 2011年にはおかげさまで200万人を達成しました。

ちょうちんまつり

地域の伝統行事・イベントがある街

ライン・イメージ

花火大会といった季節のイベントから、お祭りや伝統行事、体験型イベントなど、 山口市には地域とふれあえるイベントがたくさんあります。
山口市へお越しの際にはぜひイベント情報もご覧ください。

外郎(ういろう)

銘菓や工芸品、豊かな自然の幸に出逢える街

ライン・イメージ

大内文化が華ひらき、恵み豊かな自然に包まれた山口市には たくさんの名産品があります。 雄大な自然が育んだ自然の幸、伝統が生んだ味や技をご堪能ください。

豊かな自然に包まれた街

豊かな自然に包まれた街

ライン・イメージ

穏やかな海が広がる瀬戸内海に面した、阿知須・秋穂エリア。
広大な土地に豊かな自然が残る徳地・阿東エリア。
中心部の椹野川流域、またその中流域の支流である一の坂川は、
ゲンジボタルの発生地として「山口の自然百選」に選定されています。

山口市ゆかりの偉人

山口市ゆかりの偉人

ライン・イメージ

僧・守護大名から維新の志士、芸術家など、
山口市ゆかりの、歴史に残る偉人をご紹介します。

山口 文学散歩
文学史に大きな足跡を残した山口市ゆかりの文学者をピックアップして紹介いたします。
中原中也(なかはらちゅうや)

明治40年(1907年)山口市湯田温泉で生まれました。ダダイズムの影響を受けて本格的に詩作をはじめます。『山羊の歌』『在りし日の歌』などの詩集を発表。今も多くの人々に愛されています。享年30歳。

種田山頭火(たねださんとうか)

明治15年(1882年)山口県防府市で生まれました。西日本を中心に行乞の旅を続けながら句作を行い、「現代の芭蕉」と呼ばれています。昭和7年(1932年)から13年まで小郡下郷矢足の「其中庵」を住まいとしました。

国木田独歩(くにきだどっぽ)

明治4年(1871年)千葉県銚子市で生まれましたが、山口裁判所在勤を申し付けられた父に伴って山口に移住しました。明治20年(1887年)に上京。詩、短編小説等を発表。山口ゆかりの作品も多く含まれています。

嘉村礒多(かむらいそた)

明治30年(1897年)山口市仁保で生まれました。昭和7年(1932年)第2作品集『途上』を出版し、さらなる活躍が期待されましたが、翌年35歳で死去。その作品は「私小説の極北」と評されています。

> 詳しくはコチラ(山口市ゆかりの偉人へ)

ページの先頭へ

文字サイズの変更について広告募集についてプライバシーポリシーサイトマップ

一般財団法人山口観光コンベンション協会

753-0042 山口市惣太夫町2番1号JR山口駅2階 TEL083-933-0088 FAX083-933-0089

秋穂支部徳地支部阿東支部

Copyright © 山口市ふるさと創生部観光交流課 All Rights Reserved.