観光スポット検索

エリア

カテゴリー

キーワード

  • 山口市について/yamaguchi city
  • 山口市へのアクセス/access
  • おすすめ観光スポット/recommendation

観光便利情報

  • 観光案内所紹介
  • 無料観光ガイド紹介
  • 観光パンフレット請求
  • 観光写真ダウンロード
  • 市内の交通
  • リンク集

源久寺・木造平子重経坐像<重要文化財>(げんきゅうじ・もくぞうたいらごしげつねざぞう)

概要・特徴

源久寺の開祖である平子重経は、鎌倉時代、源頼朝に仕えており、地頭として周防へ下国し仁保庄に居館を定めました。1199年源頼朝が亡くなり、平子重経が位牌安置として源久寺を建立します。のち、平子重経が没し源久寺に葬られ、これより後に、源久寺が仁保平子家の菩提寺となりました。
源久寺にある、木造平子重経坐像は、国指定重要文化財に指定されています。鎌倉時代の肖像彫刻として、在家の人の肖像は少なく全国的に注目されており、1991年には、イギリス大英博物館での「鎌倉彫刻展」に出品展示もされました。

境内に咲くオオガハスは、約二千年前の遺跡で見つかった種からよみがえったものです。源久寺のオオガハスは1984年境内下の休耕田に植えられ、花の咲く季節には多くの鑑賞客が訪れます。

ページの先頭へ

文字サイズの変更について広告募集についてプライバシーポリシーサイトマップ

一般財団法人山口観光コンベンション協会

753-0042 山口市惣太夫町2番1号JR山口駅2階 TEL083-933-0088 FAX083-933-0089

秋穂支部徳地支部阿東支部

Copyright © 山口市経済産業部観光課 All Rights Reserved.